スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しく生きる

お歳暮の季節です。

「まごころを籠めて」という言葉が、この時とばかり広告に登場します。
夏と冬の季語のようです。

それに引き換え、貰って嬉しい贈り物ランキングの1位(朝日新聞調査)は、
「商品券」でした。

この商品券に「まごこころ」を籠め、「まごこころ」を受け取るのでしょうか。
そもそも、「物」なのだろうか、と思います。

世の中には、「物」が反乱しています。
「自分へのご褒美」などと言って偶には高価な物も買ったりしている。
全国の美味しい物は、何処ででも大抵手に入る。


送られて迷惑な品、と言いますが、
何かしら、「足るを知らず」的な傲慢な響きを感じます。

確かに、毎年同じ品であったり、
家族構成にそぐわない品であったりなどあるかも知れません。
私には、それでも、「有難い」ではないかと思えます。


日本人の道徳観というのは、
善悪よりも、「美徳」という言葉があるように「美」なのではないでしょうか?

行動の規範となっているのは、「美意識」なのではないでしょうか。



もう少し前になりますが、
「サムライサッカー」と呼ばれた、日本男子サッカーチームの監督岡田さんが、
「美」を重んじるようなことをおっしゃっていて、非情に共感したことを思い出します。

私も自分の生き方を考えるに当たり、
人を傷つけたり、権利を侵したりしない、という意味で、
善悪は重んじるべきであると考えますが、
より良く生きる指針となるのは、「美意識」のような気がしています。

ちょっと気持ち的に無理をしていても、自分の成長に継っている気がします。

「美しく」生き、「美しく」死にたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ぽん太

Author:ぽん太

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。