スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「諦める」こと

先日のブログでは、

「諦めない」思いを持ち続けましょう、

と言いました。


以前、私は多少努力家であったかもしれないにせよ、
諦めないで頑張っていると、必ず何とかなる、
と思い続けていたようです。

でも、「諦めない」この姿勢を貫き過ぎると、
とても苦しく辛くなることがあります。

どうしてなのか。

それは、「諦める」という行為の対象には、
2種類あるということに気が付いてなかったからでした。

自分に対してと、
起こる出来事や他者に対して。

自分に対して「諦める」と、
自分をごまかすことが出来なくなった時、
絶望感に陥ったり、生きている感覚を失うことになりかねません。

それに対して、

起こった出来事や他者に対しては、
諦める(=受け入れる)ことをしないと
自分の力ではどうにもならないことに苦しまなければならなくなります。

そう、兎角人は、その逆をしてしまう(望んでしまう)ような気がします。

何に対して、自分は、「諦めてはいけないのか」「諦めなければいけないのか」を
見つめる必要があるようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ぽん太

Author:ぽん太

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。