スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいと思えることを選択する

何か行動をする時の判断基準として、

他者から見て楽しそうに見えるのではなく、
自分自身が、心から「楽しい」と思えることを選択するのがいいよ

と私は子供たちに言って来ました。

そして、私自身、いつもそういう選択の基に行動して来たように思います。

その判断基準は、
勿論、損得ではなく、そして、善悪でもない。

損得や善悪といった、顕在意識に基づくのではなく、
自分の心の奥深くにある、所謂、潜在意識に基づいて判断することです。



私の人生のテーマ「幸せに生き抜く」為には、
「夢」というのが非常に大切だと思っています。

友人が、来月、ギネスに挑戦するイベントに参加するということで、
そのお誘いを受けました。

1000人、500組の二人三脚だそうです。
大勢が集まることでギネスを樹立し、一人では出来なくても
みんなで力を合わせれば出来るという成功体験を積むことで、
「夢への実現の力」にしよう、ということが、一つの切り口でもあるらしいです。

「成功体験」というと、どんな些細なことでもいいから、
自分の力で頑張った、いうことだと思っている私は、
「参加すること」=「成功体験」のような図式に抵抗を感じました。

ここのところ「自分のやりたいことは何なんだろう」ということをずっと考え続けています。
今回のこのイベントや主張などを見ていて、気づかされることがありました。

それは、今までの私の生き方が、「楽しいことをする」だったではないか、ということ。
そのことをずっと子供たちに伝え続けて来ていたではないか、ということ。

もうひとつの私の生き方に「人のお役に立つ」、子供には「人のお役に立て」ということでした。

この、「人のお役に立つ」に重点を置き過ぎると
自己犠牲になり兼ねません。
このところの自分は、こちらに目が生き過ぎていたのではないか、
ということに気づかせてくれました。

自分が心から楽しいと思えることをすることで、人を元気にしようとしていたのが、
自分らしいのではないか、ということに気付きました。

そういう意味で、このギネスのイベントは、
「成功体験を積む」ということを言わなくても、
人の心を楽しませる、素晴らしいものだと思います。

人は、「楽しい」と思えると元気になれます。
元気になると、何かやろうという気にもなってきます。
とても大切な原動力です。
そういう意味で「夢への実現」に繋がってくるように思えます。

話がちょっとそれますが、今私はひきこもっている人の支援をしたいと思っています。
そのことを考えると、「参加する」ことは一つの「成功体験」になるのかな、とも思えます。


そして、私は、その延長上で、来年の春のセミナーについて、
考えがまとまって来ました。
毎年、赤字のセミナー。
それでもやりたい、と思えるのは、私自身が心から楽しんでいるからです。
そして、来て下さった方々が、楽しんで癒され、
日々の生活の活力にして下されば、セミナーは成功かと思っています。

やることは、決まりました。
さあ、その実現に向けて始動します。

内容は、お楽しみに。。。









スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ぽん太

Author:ぽん太

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。